おひとりさまとおひとり暮らしさまは違います。〜おひとりさま終活①

どうもピロコです。
今日は最近増えている「おひとりさま終活相談」のことです。

最近相談を行っている70代女性のIさん。
その日は同じマンションに住む、同じく70代のTさんも一緒に聞きたいとのことで
2人で私を待っていてくれました。

IさんもTさんも夫とは死別し、しばらくおひとり暮らしをされてます。

相談者のIさんはお子さんはおらず、ご両親もすでに他界されてます。
ちなみにご兄弟もいません。

お友達のTさんは離れて暮らす息子さんがひとりいます。
この先息子さんと同居することは考えにくいので、ご自分のことをおひとりさまだと言います。

しかし、TさんはIさんの相談を聞いているうちに自分は完全なおひとりさまとは違うことに気づきました。
遠方に住んでいてもお子さんのいるおひとり暮らしの方は、葬儀の希望やお墓のことを
残される家族にしっかり伝えておけば安心です。

でも、本当におひとりさまの場合はIさんの言うとおり、亡くなった後に自分で火葬場に行くことが
出来ませんので(笑)
死後のことを託せる人を決めておかなくてはいけません。

亡くなった後、ご遺体の引き取りや火葬、納骨。
住んでいた家の退去作業や解約。
銀行口座やクレジットカードの解約。
などなどなどなど!!!

当たり前ですが自分で出来ないことがたくさんです(°▽°)
それらのことを執行してくれる人、会社、団体と生前に契約しておくことを生前契約
とか死後事務委任契約などと言いますね。

自分が亡くなった後の不安や心配事をひとつずつ解消して、安心なシニア生活を過ごしてもらうために
私ができることを少しずつ始めています( ´∀`)

おひとりさま終活については新しいカテゴリーを作って、今後も更新していきます!
あまり役立たないかもしれませんが(笑)
ぜひご覧ください♪

相続弁護士ナビさんに取材していただきました!!
相続マガジン【取材】終活カウンセラー上級の山本さんに両親との終活について聞いてきました!
https://souzoku-pro.info/magazine/35/

私が終活を学んでいる
一般社団法人終活カウンセラー協会のHPです!

https://www.shukatsu-csl.jp/